神戸でランチなら須磨 然の膳

営業時間 平日8:30-16:00 土日祝11:00-15:00

神戸市垂水区学が丘1丁目21-1 神戸掖済会病院1F (各線「垂水駅」よりバスで12分)

catch_img

貝・海老など数種類の魚介類と野菜から取る極上だし。 じつにあっさりとしており、体内にやさしく沁み渡ります。

栄養士がカロリーや塩分等の栄養計算をおこない、油分や調味料は最小限に抑えております。 また、「然の膳」ではすべての料理に体に良いとされる食べ合わせを考えます。

血圧を下げる効果や美肌効果が高いと言われるルチンを ふんだんに含んだ「然の膳」特製の麺
(だったんそば粉入り)

「効能の高い食材を、もっと食べやすく」をテーマに追立久夫総料理長監修・指導の もと、当店が独自に研究・開発。美肌・むくみ・臓機能UPに効果の高い「クコ、ハト麦、 ナツメグ」などが詰まった本格薬膳パンです。

  • ももや栗、杏子などとともに、漢方五果のひとつ。栄養価が高く、たんぱく質やカルシウム、 鉄分が豊富で貧血症には効果が高い。中国では一日3個食べれば一生若くいられるといわれるくらい滋養強壮がある。

  • 薬膳の食材では、一般的に赤く熟したクコの実を乾燥させたものを指す。 栄養不良や、老化からくる腎臓や肝臓の機能低下を高める。また滋養強壮の効果もあり、疲れ眼を癒し、視力低下を回復させる。

  • ハスの果実で、乾燥したものが一般的。消化器系の働きを助ける効果が期待できる。 循環器系全般や腎機能を強化して、滋養強壮や虚弱体質改善に役立つ。

    その他にも成人病の予防や腎機能を高めるとされている薬膳素材を多数使用しております。

  • 総料理長
    中国料理「凛追立」をはじめ5店を率いるオーナーでもある。
  • 追立クッキングサロン主宰
  • 薬膳料理研究家(文部科学省推奨講師)
    1971年(昭和46年)香港に渡り、北京料理、広東料理の修業に入る。
    並行して、薬膳の研究にも取り組み、独自の健康料理を完成させる。
    その後、日本料理やフランス料理の素材を生かした追立式中国料理を創出。
    また、自身が主宰している追立クッキングサロン、辻学園日本調理学校、テレビ、新聞、雑誌等を通じて薬膳料理の指導や講演に活躍中。
  • 社団法人 日本中国料理師大会大阪地区本部技術部門理事
  • 読売文化センター専属講師
85年
国際食博覧会「中華部門」金賞
88年
大阪国際グルメフェア金賞
91年
国際食博覧会「中華部門」金賞郵政大臣賞受賞
94年
文部省(現文部科学省)推奨専属講師に認定される
95年
TV番組「料理の鉄人」(フジテレビ系)に出演
96年
読売文化センター専属講師になる
追立クッキングサロン開校
07年
NHK京阪文化センター「追立久夫・健康と薬膳料理」料理教室開校