ホーム > NEWS > レシピ・薬膳知識 > メインメニュー > 【佐々木先生監修レシピ】低気圧のお悩み解消!疲労回復「薬膳キーマカレー」

NEWS ZEN no ZEN然の膳からのお知らせ

【佐々木先生監修レシピ】低気圧のお悩み解消!疲労回復「薬膳キーマカレー」

仙台白百合女子大学 健康栄養学科 佐々木先生監修レシピ第3弾!
今回は梅雨にだるさを感じる方におすすめ!
テーマは「梅雨だる解消」

梅雨の時期に突入しましたね・・・
梅雨は大気が低気圧配置になるため、体は副交感神経が優位に働くようになります。どんよりした天候が続くと身体がお休みモードになって、「だるい」「やる気が出ない」と感じてしまう方が多くなるようです。
天気の悪い日が続くと気分的にもストレスを感じやすくなりますよね。。。
そんな時は疲労回復の元気の出るメニューでだるさを吹き飛ばしましょう!!

【仙台白百合女子大学 健康栄養学科 佐々木先生監修】
#梅雨だる #疲労回復 #滋養強壮 #薬膳料理

薬膳キーマカレー

★佐々木先生の薬膳ポイント★

然の膳オリジナル商品「薬膳ほうれん草カレー」を使用!
体に嬉しい薬草を使用した、化学調味料不使用の薬膳カレーです。
ほうれん草・大和当帰(やまととうき)・レモングラス・ローレル等を使用。
血行を促進し、血の巡りを良くしてくれる効果が期待できます。
また胃腸の働きを助け、消化促進を促します。
疲労回復・血行促進・食欲を改善したい方へおすすめのメニューです。

★PICK UP 食材★

ほうれん草 × 大和当帰
ほうれん草は血の巡りを良くする食材です。鉄分が豊富で、貧血に有効なことがよく知られています。ベータカロテンやビタミンCも豊富に含まれ、疲労回復にも効果的です。
大和当帰は体を温めながら補血する効果があり、冷え性改善、血行促進、滋養強壮の効果が期待できます。


材料(1人分)

豚ひき肉・・・・・・・50 g
人参・・・・・・・・・50 g
玉ねぎ・・・・・・・・50 g
れんこん・・・・・・・30 g
油・・・・・・・・・・小さじ1
おろしにんにく・・・・小さじ0.5
おろししょうが・・・・小さじ0.5
カレー粉・・・・・・・小さじ0.5
濃口醤油・・・・・・・2滴程度
薬膳ほうれん草カレー・1袋
ごはん・・・・・・・・180g


《作り方》

①たまねぎをみじん切り、にんじん、れんこんを1cm角の大きさに切る。れんこんは水にさらしておく。
②薬膳ほうれん草カレーは、あらかじめ、あたためておく。
③熱したフライパンに油をしき、たまねぎ、にんじん、れんこん、にんにく、しょうがを入れ、炒める。
④たまねぎがしんなりしたら、ひき肉を加えて肉の色が変わるまで炒める。
⑤肉の色が変わったら、薬膳カレーを入れて煮込む。(ヤングコーンは上にのせるので、別にとっておく)
⑥ルーの中に入っていた人参とじゃがいもは、つぶしながら煮込む。
⑦水分がある程度なくなったら、ごはんに盛り付け、上にヤングコーンを飾る。



– 監修について –

「然の膳」フードコーディネーター 佐々木裕子教授

仙台白百合女子大学 健康栄養学科 教授
東北大学医学部 非常勤講師
東北大学大学院医学系研究科機能医科学講座 非常勤講師
宮城学院女子大学生活科学部食品栄養学科 非常勤講師
宮城高等歯科衛生士学院 非常勤講師
仙台医療センター附属仙台看護助産学校 非常勤講師

<資格>管理栄養士、障害科学博士、スポーツ科学修士

今回のメニューに使用した薬膳ほうれん草カレーのご購入はこちら

レンジや湯煎で簡単調理♪
「薬膳カレー」や「薬膳スープ」などオンラインショップにて販売中


ニュース一覧へ