1. ホーム
  2. NEWS
  3. 薬膳知識
  4. レシピ・薬膳知識
  5. メインメニュー
  6. サイドメニュー
  7. ドリンク・スイーツ
  8. 温活レシピで冬を乗り切る!おすすめ食材とレシピ集★

NEWS ZEN no ZEN然の膳からのお知らせ

温活レシピで冬を乗り切る!おすすめ食材とレシピ集★

こんにちは!然の膳です。
寒い日が続いていますね。
体が冷えて血流が悪くなると、寝つきが悪くなって眠りも浅くなるそうです。

そんな本日の投稿は、体を温める食材を使った温活レシピ!
ぽかぽか温まってこの寒い冬を元気に乗り切りましょう!!(^^)



おすすめの食材

●ニラ

ニラは腎の働きを高め、体を温める作用があるので、冷え性や腰痛の人にオススメの食材。
ビタミンB1も豊富なため、疲労回復にも有効で、免疫力を高める効果等も期待できます。

●鮭

鮭は温性で胃を温めるため、胃腸の働きを改善します。また、水分の代謝を助けてむくみを改善したり、血の巡りを良くして冷え性を改善する効果も期待できます。

●しょうが

しょうがは体を温め、慢性的な冷えも解消します。寒さが招く風邪の悪寒や節々の痛み等にも有効で解毒作用も期待できます。体を芯から温めるので、胃腸の弱い人や慢性的な冷えに悩む人におすすめです。

(監修:管理栄養士 佐藤栄利加)



ぽかぽか温活におすすめのレシピ

▼体を温めてくれる食材をまとめて摂る!「ユッケジャンスープ」
ねぎ、とうがらし(キムチ)、にんにく、にら。体を温める食材をひとまとめにして摂って、体を芯から温めて冷えを解消する。

▼体を温める2つの食材で冷え解消!「鮭とじゃがいものみそチーズ焼き」
体を温める食材である鮭とみそを一緒に摂ることで冷えを解消。さらに鮭には血のめぐりが良くなる効能があり、冬の体に元気を与える。

▼冷え解消の冬おすすめドリンク!「ホットアップルジンジャー」
冷えが入った風邪の引き始めなどに使われる生薬でもあるしょうがを使った冬の飲み物。体を内側から温めるシナモンでさらに効果が高まります。


オンラインショップにて、レシピ本販売中!!

カンタン薬膳ごはん
監修 田中奏多(たなか・かなた)

東京TMSクリニック院長。BESLI CLINIC COO。医師・調理師。
東京・神田に「働く人の薬に頼らない心のクリニック」ベスリクリニックを2014年 共同創設。ベスリクリニックCOO:Chief Operating Officre​として 「社会のニーズに合わせた医療サービス」の構築を担当。
ハーバード大学TMSコースを修了し、2020年5月東京・恵比寿に TMS治療専門クリニックである 東京TMS(Tokyo total Mental Stress Clinic)クリニックを開院。
著書に『眠る投資 ハーバードが教える世界最高の睡眠法』(アチーブメント出版)。 「林修の今でしょ!講座」(テレビ朝日)、 「爆報THEフライデー」(TBS)などメディア出演多数。

ニュース一覧へ


然の膳